リーチローカルの歯科医院での調査記録

歯科医院以外のリーチローカルの情報はこちら

リーチローカルが歯科医院で調査を致しました。

調査実施期間: 2015年7月6日-2015年7月10日 発表日:2015年8月18日
対象: 全国の18歳以上の男女 回答数: 6,373
調査機関: リーチローカル・ジャパン

全人口の約20%の人々が、直近1年間で新たな歯科医院に来院していることが調査で分かりました。新規に来院した方々の情報源は来院きっかけ等の調査結果は以下の通りです。(設問の一部のみを掲載)

Q1. 過去1年以内に「初診」で歯科医院に通ったことがある人の割合(18歳以上)
A. 1年間で新たな歯科医院に通う方は、全人口の約2割です。30代までに多い。

Q2. 初診の歯科医院に来院する前の情報源および来院のきっかけ(18歳以上)
A. 口コミ、直接認知を除けば、来院前の情報源・来院きっかけ共にHPが最も多い。

Q3.  初診の歯科医院の来院きっかけ(18歳以上)
A. 媒体をきっかけとした来院の中ではHPが約4割が占め、インターネット全体では約7割。

Q4. 初診の歯科医院に来院する前のHPを情報源にする割合とHPきっかけ来院の割合(18歳以上)
A. HPを活用して来院するきっかけにした人は30代までが中心。

Q5. 初来院時の予約方法 (過去1年間のHPきっかけ来院者、18歳以上)
A. HPきっかけの来院であっても電話での予約が大半である。

○調査結果
新規来院においても最も重要な役割を果たすメディアはHPであり、30代までの患者にその傾向が強い。ただ、HPがきっかけとはいえ、メールや問い合わせフォームから問い合わせをすることはほとんどなく、HPで興味、関心を抱いた後は、電話での問い合わせや予約が大半です。このことから、集患機会を逃さないためにはHPから電話の問い合わせにつなげることが重要と言えます。

○集患から問い合わせ内容録音機能付きで応対品質向上も。
インターネット広告 自動最適化ソリューション ReachSearch(TM)(リーチサーチ)

リーチローカル・ジャパンでは、歯科専門のコンサルタントが、歯科医院と見込み患者をつなぐ集患サポートを提供しております。歯科医院の特徴をインターネット上のHPでアピールして、リスティング広告にて、それぞれの歯科医院にあった見込み患者をお連れしています。 また効率的且つ実利を生み出すことを目的とした運用システムを使用していることにより、診療で多忙な医師の方々の広告管理業務を軽減、さらに問い合わせ内容録音機能で、受付対応を把握することができ応対品質向上につなげることに貢献しています。

リーチローカルと歯科医院に特化したオンライン

■歯科医院に特化したオンライン集患サービス「デンタル集患まるごとプラン」99,900円(税込)にて提供しています。

リーチローカル Japan Services合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行役社長:小林 治郎、以下「リーチローカル・ジャパン」)は、この度、世界で3,000医院以上の集患を支援している実績を元に歯科医院向けに特化した、オンライン集患システム「デンタル集患まるごとプラン」を開発しました。2014年6月24日から提供を開始致しました。

電話と連動して独自広告ソリューションReachSearch(TM)と広告の効果測定ソリューションTotalTrack(TM)を軸にして、中小企業向けにコンサルティングサービスを展開をしているReachLocal Japan Services合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行役社長:小林 治郎、以下「リーチローカル・ジャパン」)は、この度、世界で3,000医院以上の集患を支援している実績を元に歯科医院向けに特化した、オンライン集患システム「デンタル集患まるごとプラン」を開発して、2014年6月24日から提供を開始致しました。

歯科医院のオンラインでのマーケティングは、ホームページ制作やオンライン広告でホームページにアクセスを増やすことだけに注力していました。リーチローカル・ジャパンでは、集患を第一の目的として、アクセスのみならず電話予約を増加させる為にホームページ制作ソリューションReachWeb(TM)を提供してます。基本料金で17ページまで制作することができ、また誰にでも直観的に制作や更新を行うことを可能として、スマートフォンやタブレットPCでの表示も自動対応をしております。これにリーチローカル・ジャパンの主力サービスであるReachSearch(TM)と組み合わせることにより、地域で歯科医院を探している見込み患者に効果的にアプローチをし、集患することができます。また、本「デンタル集患まるごとプラン」では電話の件数を計測するだけの事ではなく、応対内容の録音が可能ですので、応対品質向上にも貢献する包括的なサービスなんです。2014年5月より代表に就任した小林は、今後も中小企業の発展に向け各種ソリューションの積極展開を推進し、日本独自の価格戦略を打ち出していきます。

【サービス概要】
サービス名称: デンタル集患まるごとプラン
提供開始日: 2014年6月24日
価格: 99,900円 (税込)

リーチローカルと歯科院とIT

歯科医院向けにITを駆使したソリューションツールを企画、販売する株式会社プラネットと、電話と連動した独自広告ソリューションReachSearch™と広告の効果測定ソリューションTotalTrack®を軸に、中小企業向けにコンサルティングサービス展開しているReachLocal Japan Services合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行役社長:小林 治郎、以下「リーチローカル・ジャパン」)は、2014年11月5日、プラネットの歯科会員向けて、歯科業界に特化した広告戦略のコンサルテーション及び付随するコンテンツを提供して、両社は歯科医院における新規集患支援において協業をいたします。

全国で新たに歯科医院を開業する医院数は年間約1800件にも及び、開業に伴う経営ノウハウや、特に診療システムの導入や新規集患など、患者の治療以外の面で効率よく医院を運営していくことに取り組めるかどうかは重要な成功要因となるのです。プラネットは現在約5,000人の歯科会員を保有しています、経営に関する領域において、ITによるソリューションツールを提供し円滑な医院運営をサポートする「スマート化」を推進しております。リーチローカル・ジャパンは、その中でも新規集患を実現する広告戦略を担い、第一弾として、いかに見込み患者に自院を見つけてもらえるか、事例を交えてそのソリューションを解説するセミナーを共同で実施をいたします。ITソリューションツールによる「スマート化」を推進するプラネットは、歯科会員向けにオンラインによるコンテンツ配信をしていて、セミナーに参加できない歯科会員や地方の歯科会員にも利用ができるように、セミナーの模様を独自の配信システム「モバセミ」で配信してます。

リーチローカルは、全世界で3,000医院以上の新規集患を支援する中で得られたノウハウを活かし、日本においても、歯科医院のさらなる繁栄を担えるよう貢献をしていきます。今後日本でもパソコンでのインターネット検索だけではなく、スマートフォンやタブレットの急激な普及により国民が自分にあった歯科院をどこでも簡単に探す機会は大きく増えていくと思います。その時流のニーズに対応する広告ソリューションを提供して、さらに、歯科院の集患においてカギとなる電話での効果測定もできる技術をもった企業であるリーチローカル・ジャパンとパートナーシップを締結できることは、大企業ではなく地域に密着した歯科院にとっては有益な情報提供が可能になると期待しています。

まだIT化が主流になっていない時代から16年以上、歯科業界において、ITソリューションの開発ひいては販売までも担って、先進的な取り組みで歯科業界の成長と繁栄に貢献してきたプラネットとパートナーシップを締結をできることは、大変喜ばしいことです。リーチローカルが所有する独自の広告ソリューションと歯科業界の新規集患を支援してきたノウハウを集約して、歯科医院様の支援を一層加速していきます。

リーチローカルと歯科医院の導入事例 2

当院が他の広告と違うと感じた点は、2つありました。1つは、電話でのご予約やお問い合わせも含めて、費用対効果がはっきりわかることなんです。私たちのようなクリニックは、ほとんどのご予約、お問い合わせを電話でいただきます。このためにWebフォームからの反応しか測定できない一般的な検索エンジン広告では、費用対効果を正しく把握ができません。これに対してReachSearch™は、電話での反応件数も測定ができる検索エンジン広告なので、私たちの業態に合っていると実感できました。

もう1つは、CS(顧客満足)向上にも役に立つことです。ReachSearch™は、広告をクリックしてお電話してくださった方との通話を自動録音ができるので、受付スタッフの電話対応の改善を通じたCS向上にも役に立ちます。このような広告は他に見当たりませんでした。以上の点に興味を持って、詳しい説明を聞くために、リーチローカル・ジャパンのIMC(インターネット・マーケティング・コンサルタント)に訪問をしてもらいました。説明を聞いたところ、千葉県の歯科医院の場合、月10万円の予算で効果を期待ができるとのことでした。その金額でそれだけの効果が見込まれるなら、試す価値は十分にあると判断し、導入を決めました。2012年8月のことです。

ReachSearch™の効果は、導入してすぐ実感ができました。検索エンジン広告を出稿した1日目から、広告をクリックした方からご予約の電話が入り始めました。広告の効果が費用を上回っていたことは、ReachSearch™の管理画面ですぐに把握できました。

単に「多くの患者さんに来ていただける」ことではなく、「私たちのクリニックを必要とされている患者さんに来ていただける」点を、評価をしています。数年前に歯のホワイトニングのご利用を促進するため、あるマーケティング会社のサービスを利用してみたことがありました。インターネットで、期間限定のクーポンを配布するサービスでした。結局このサービスは、値引きを期待する方に偏ってアピールしてしまう手法であることがわかり、継続して利用する事には至りませんでした。

これに対してリーチサーチでは、これまでに同様、私たちクリニックの「通いやすさ」や「姿勢」をご評価をいただいた方にお集まりいただけております。値引きを期待する方ばかり集まるということがありません。私たちのクリニックの価値を最大限アピールできるように、リーチローカル・ジャパンが「検索キーワード」や「検索エンジン広告文」を工夫してくれている効果もあると思いました。この点も、リーチサーチの継続利用を決めたポイントの1つなんです。

リーチローカルと歯科医院の導入事例 1

千葉県で5つの歯科クリニックを展開する医療法人社団海星会で、リーチローカル・ジャパンのReachSearch™(リーチサーチ)を導入により「新規患者の獲得」と「受付スタッフの電話対応向上」という成果を上げています。事務長の二宮氏に、ReachSearch™の導入経緯と評価を伺いまとめてみました。

当会では、千葉県で運営する5つの歯科医院のうち、「船橋デンタルクリニック」(船橋市)と「ニュータウン中央歯科室」(印西市)の2院の集患にReachSearch™を活用をしています。当会のクリニックはおかげさまでご予約で一杯のことが多いのですが、この2院は、まだ診療キャパシティに余裕がありました。そこで、より多くの患者さんにご来院いただけるようにReachSearch™を導入してみました。ReachSearch™による検索エンジン広告費用は、現在月10万円でした。

ReachSearch™でYahoo!、Googleに出稿した検索エンジン広告をクリックした方から、毎月20~30本の新規ご予約電話がありました。一番多い月では、40本近いご予約電話がありました。当初の想定の2倍を超える数字なんです。ホームページへのアクセス数は、ReachSearch™導入後は1.5倍くらいまで増加をいたしました。これ以上お電話をいただくと、ご予約をお断りしなければならなくなるので、広告予算は当面月10万円に据え置く予定なんです。

ReachSearch™では、検索エンジン広告をクリックしてお電話くださった方との通話内容を、自動で録音ができます。録音された内容は、ReachSearch™の管理画面からいつでも聞けるんです。受付スタッフによるナマの電話対応を聞いてみると、「もっと患者さんにわかりやすい伝え方があるのではないか」、「もっとご予約をいただきやすい対応のしかたがあるのではないか」というポイントが、いろいろ出てくるのです。こうしたポイントを受付スタッフに伝えていくことで、クリニック全体の電話対応を向上ができるようになりました。たとえば当会では、予約が一杯になっていても痛みを訴えている患者さんは極力断らず診察する方針なのですが、受付スタッフの対応を工夫することによって、この方針により即した診察ができることもわかったのです。

ReachSearch™のことは、リーチローカル・ジャパンのIMC(インターネット・マーケティング・コンサルタント)から電話で案内をいただき知りました。仕事柄、広告の営業はよく受けるのですが、電話でReachSearch™の説明を聞き、これは他の広告とすぐに何か違うと感じました。